人材活躍ナビKnow-how

人事関連Q&A

Good5

ジョハリの窓とは何ですか?

2020.11.04更新


Q:ジョハリの窓とは何ですか?

A:心理学において、自分と他者の認識のずれを理解する、自己分析ツールです。

心理学者ジョセフ・ルフトとハリ・インガムの2名によって提唱され、2人の名前のそれぞれの頭文字をとって「ジョハリの窓」と呼ばれるようになりました。

実施するにはまず、4つの四角を書き、4象限に分けたものを用意します。縦軸は他人が分かっているか分かっていないか。横軸は自分が分かっているか分かっていないか。まずはこの用紙を作り、その後、考えられる資質の例を複数ピックアップしておきます。(例:発想力がある、判断力がある、社交的である・・・等)

 

ここまで用意出来たら、具体的な手順です。

・4~8名の知人に、上記の4象限と資質を作業シートにして渡します。

・まずは自分で、自分に当てはまると思う資質を書き出します。

・相手の性格だと思う資質も書き出し、それを相手に渡します。

・最終的に回収した作業シートをもとに、自分も相手もあげた資質は「開放の窓」に、自分が書いて相手が書いていない資質は「秘密の窓」に、相手が書いて自分が書いていない資質は「盲点の窓」に、だれも書いていない資質は「未知の窓」に転記します。

・最後にディスカッションを行い、理解を深めます。

ジョハリの窓の有効性

ジョハリの窓は主に、企業研修で多く取り入れられています。ジョハリの窓の有効だと思われるポイントは、「自己理解が深まり、自己啓発に役立てられる」「社内コミュニケーションが円滑になる」といった点です。お互いをよく理解することにより、チームワークの強化・それによるパフォーマンス向上が期待されています。

特にwithコロナにおいてリモートワークが加速度的に進み、人間関係は希薄になったともいわれています。こういった関係性の維持・向上の場を意図的に持てると良いですね。

 
 

Talent Viewerの資料を希望の方はコチラ

この記事は参考になりましたか?Good5

Recommend関連記事