人材活躍ナビKnow-how

人事関連Q&A

Good5

リフレクションとは?

2020.11.11更新


Q:リフレクションとはどういう意味ですか?

A:人材育成の領域で使うなら、一旦今ある業務から離れて自分自身を俯瞰し、「内省」「自分の経験した仕事を振り返ること」を意味します。

反省と内省が混同されることがありますが、反省は「自分を振り返り、良くなかった点を認識して再発をしないように考えること」、内省は「良い悪いの判断にとらわれず、主観にとらわれず、虚心に振り返りを行う」ことです。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. 出来事を振り返る
  2. 環境(関わった他者を含む)を振り返る
  3. 自分を振り返る

3つ目についてコツを挙げると「その時その場所において自分の適切な役割・行動は何だったか」と考えることです。

反省とは違いますので、「そうできなかった自分を後悔する」のではなく、新しい気付きを得るつもりで取り組んでみましょう。

リフレクションの効果は?

リフレクションには次のような効果があるといわれています。

・新たな発見・気づきがもたらされる

・考え方が変化し、行動自体にも変化が生まれる

・物事を俯瞰して最適な行動を選ぶ習慣が定着する

慣れるまでは、反省点ばかり思い浮かんでしまったり、つい他責にして自己の内省にならないというケースもありますが、自然とリフレクションができるようになれば得られるものは大きいといえるでしょう。

 

 

Talent Viewerの資料を希望の方はコチラ

この記事は参考になりましたか?Good5

Recommend関連記事