人材活躍ナビKnow-how

人材活躍ナビ

Good37

優秀な人財が埋もれてしまうことを防ぐための対策と最適な人員配置

2020.07.22更新


優秀な人財が埋もれてしまうことを防ぐための対策と最適な人員配置

社内失業者が「いる」「いる可能性がある」と回答した企業23%→29%。

人事のミカタによる調査によると、「社内失業」状態の社員が、「いる」と回答したのは9%。「いる可能性がある」と回答したのは20%。社内で失業している社員がいる一方で、現状、人材不足の部署があるか聞いたところ、「ある」と回答した企業は83%と出ています。

「人員が不足しているが、社内失業している社員を異動させると反発を生む」といった人事のコメントが集まり、「社員を適切に配置する難しさ」が浮き彫りとなる結果が出ております。

優秀な人財が埋もれてしまうことが起こる原因&解決策

<人材が埋もれてしまう原因一例>
・スキルが活かせる環境ではない
・組織を横断的にマネジメントできていない
・上司からの評価や人事評価制度が適切ではない

<埋没人材を生み出さないためには>
・1人1人のスキル、能力を見える化
・従業員の意思や適性の確認
・多角的な評価

→人事評価制度についてはコチラ

人員配置とは

人員配置とは、従業員のスキルや適性を見極め適した業務を割り当て、効率化や最適化を図り生産性の高い組織を構築する、人事マネジメントのひとつです。

よくある過去の経験や感覚という属人的な判断に頼る異動配置ですと、全ての人材の把握が難しく、可能性のある人材が活躍できていない・マネジメント体制の中で埋もれてしまうことがどうしても起こってしまいます。

最適配置するには

まずは従業員のスキル・評価・意思・適性を見える化し、組織の課題と突き合わせて配置することが重要です。すでに取っているデータの他に必要なデータを集め、すべてのデータを一括で見える化することによって適切な人員配置が実現できます。

例えば、各組織におけるハイパフォーマーのスキルや適性検査の結果を分析し、ハイパフォーマーと近しいデータが出ている従業員を探し、配置を検討するのも1つの方法です。

散らばっている従業員データを一括で分析に使うならTalent Viewerを!

タレントマネジメントシステム『Talent Viewer』は従業員の職務履歴・スキル・評価・勤怠データ・適性検査結果などを一括で見える化、分析ができます。すでにあるデータを取り込むだけではなく、アンケートなどをTalent Viewer上で収集することもできます。
各組織のハイパフォーマーを集めて営業成績や適性検査データの分析、求める人物像の策定に役立てることもできます。

また、データを履歴で貯められるため、過去にどのような評価を受け、どのようなキャリアを歩んできたのかをワンクリックで確認することができるシステムです。

 

Talent Viewerの資料を希望の方はコチラ

この記事は参考になりましたか?Good37

Recommend関連記事