人材活躍ナビKnow-how

人事関連Q&A

Good34

懲戒処分として賞与の一部を不支給とすることは可能?

2020.08.13更新


Q:懲戒処分として賞与の一部を不支給とすることは可能?
A:懲戒処分としての不支給ではなく、評価査定による不支給は可能であり、その結果、労働基準法第91条「減給の制裁」の制限の金額を越えても問題ありません。

労働基準法において、賞与は「定期又は臨時に、原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるものであり、その支給額が予め確定されていないもの」と定義され、賞与を支給するかどうかは事業主の裁量によります。

ただし、賞与を制度として設け、算定期間、支給基準、支給額、計算方法、支給期日、
支給対象者などを定めている場合は、労働基準法では「賃金」に該当するとされ、
労働基準法第91条「減給の制裁」の制限が適用されるので注意が必要です。

例えば年俸制で、年俸額の1/14を各支給月に支払う旨の規定が、就業規則などにある場合は、
賞与とはみなされず支払義務が生じる場合もあります。

一方、予め金額を確定して支給するようなものではなく賞与の支給額を決定するにあたり
個々の勤務成績などをもとに増減させることは認められています。

評価査定する際、懲戒処分のみを考慮した評価は、直ちに違法ではありませんが、あくまでも
勤務成績なども含めた総合的な評価の中で、会社が適切と考える水準の減額を行いましょう。

ちなみに、令和元年の夏季賞与の平均は381,520円となっております。
厚生労働省 毎月勤労統計調査-令和元年9月分結果速報等より引用

Talent Viewerの資料を希望の方はコチラ

この記事は参考になりましたか?Good34

Recommend関連記事