人材活躍ナビKnow-how

人事関連Q&A

Good2

マインドフルネスとは何ですか?

2020.09.23更新


Q:マインドフルネスとは何ですか?
A:過去の経験や先入観にとらわれず、身体の五感に意識を集中させ、「今の気持ちや身体の状況」をあるがままに知覚し、受け入れることや、その練習を指します。

マインドフルネスの実践方法は、主に呼吸法や瞑想法になります。瞑想に入る前に呼吸法を使って心を穏やかにすると、その後の成果を得られやすいとされています。椅子に浅く腰掛け、いつもよりゆっくりと時間をかけて、鼻から呼吸をします。この際、呼吸に合わせてお腹が膨らむことを確認しましょう。その後、呼吸だけに意識を集中し、少しずつ頭の中から雑念を追い出していきます。

マインドフルネスの効果は主に、【ストレスの軽減】【集中力の増加】【心身の安定】が挙げられます。

企業ではチームビルディングの一環として、朝礼などにマインドフルネスを取り入れることなどが効果的です。

S(ソリューション):リモートワークでも、チームのエンゲージメント向上やメンバーケアに、マインドフルネスを活用しましょう。

とある企業では、先ほど述べたようにリモートワークでも週に1回などと頻度を決めて、全員で顔を合わせる時間を作っています。自宅で勤務するため腰痛や肩こりを訴えるメンバーもいるでしょうから、そういう機会にマインドフルネスを取り入れるのも1つです。また、意図的にメンバーの行動の共有や成果の称賛を行うなど、コンテンツも工夫をしてみましょう。

メンバーの行動の見える化はTalentViewerで

エンゲージメント向上やメンバーケアには、メンバーの行動の見える化が必須です。何にどれくらいの業務を割いていて、何に注力したのか。メンバーの頑張りやつまづきを見逃さない仕組みを作っておきましょう。TalentViewerなら、メンバー業務の見える化はもちろん、相互称賛の仕組みや、面談履歴までオールインワンで残すことが出来ます。

 

 

Talent Viewerの資料を希望の方はコチラ

この記事は参考になりましたか?Good2

Recommend関連記事