人材活躍ナビKnow-how

人事関連Q&A

Good2

マンダラートとは何ですか?

2020.09.25更新


Q:マンダラートとは何ですか?
A:曼荼羅とアートを組みあわせた言葉で、マス目を書いた紙を使って、アイディアや思考を整理・拡大させるためのツールです。大谷選手が活用していたことで話題になりました。

 

マンダラートはデザイナーの今泉浩晃氏によって考案されました。

作り方は、以下の通りです。

  1. 紙を用意し、3マス×3マスの表を作る
  2. 中心に目標や課題を書き込む
  3. 中心に書いた目標や課題に関連する言葉を周囲に書いていく
  4. 9マスを埋めきったら課題以外の8マスから1マスを選び、そのマスの言葉を中心としたマンダラートを作成する
  5. 新しいマンダラートでも3から繰り返す
  6. これを繰り返すことで、目標を細分化したり、思考を深めていきます

 

 

マンダラートの効果

マンダラートにはいくつかの効果があります。「簡単で、手法として用いやすいこと」「アイディアの量を増やせること」「アイディアのブラッシュアップができること」「意見を共有したり、組み合わせたりできること」の4つです。また、成果がでる最大の特徴としては、『目標達成のための具体的なアクションが見えてくること』でしょう。

 

マンダラート作成時の注意点

  1. 最低81マスを書き切る
  2. どうしても埋まらない場合、中心テーマを変えて関連語句などを見直していく
  3. それでも埋まらない場合、他のマンダラートから作成し、切り替えながら書く

マンダラートは思考を深めるためのツールです。81マスを埋めることが最低条件で、これにより思考を深めていきますので、根気強く取り組みましょう。

 

目標管理・進捗管理はTalentViewerに蓄積

マンダラートを用いた問題解決・目標達成を見てきました。問題解決や目標達成のためにするべきことが見えてきたら、あとは実行です。行動実践には、進捗管理とフィードバックが有効でしょう。TalentViewerに目標や結果、それに対する上司のフィードバックを蓄積し、成果を最大のものにしましょう。

 

 

 

 

Talent Viewerの資料を希望の方はコチラ

この記事は参考になりましたか?Good2

Recommend関連記事