人材活躍ナビKnow-how

人事関連Q&A

Good2

クリティカルシンキングとその鍛え方は?

2020.11.18更新


Q:クリティカルシンキングとはどういうスキルでしょうか?また、どうやって鍛えるのが良いでしょうか?

A:あらゆる物事に対し「本当に正しいのか」と考えながら向き合い、本質的な答えを見つけるための思考法です。日常の意識次第でも鍛えることが可能です。

クリティカルシンキングの「クリティカル」を直訳すると、「批判的な」という意味になります。

つまり、クリティカルシンキングとは「批判的にものごとを捉え、安直に考えず、あらゆる物事に対して本当に正しいのか?を考える思考法」です。

ただ批判をすればいいというものでもなく、あくまで「自分の頭で考え、最も正しい答えを導く」というポイントに注意しましょう。

クリティカルシンキングはどうやって鍛えられる?

日常において、

  1. 目的は何か明確にする
  2. 正しい情報を集める
  3. 批判する癖をつける

この3点を意識して思考するようにしてみましょう。慣れるまでは固定観念が取れなかったり、過去の経験から「これだ」と決めつけてしまうこともあるでしょう。繰り返すことで、思考の癖が定着していきます。

ちなみに、近しい言葉でロジカルシンキングという言葉がありますが、こちらは「論理的に考える」思考法なので、少しニュアンスが違います。

 

 

Talent Viewerの資料を希望の方はコチラ

この記事は参考になりましたか?Good2

Recommend関連記事