人材活躍ナビKnow-how

試用期間はクビにしてもいい?注意点は?

2020.10.06更新


Q:中途採用で社員を1名採用しましたが、思ったような働きぶりではなく・・・試用期間なので、クビにしても問題ないでしょうか?無断欠勤などもあり、このまま雇用し続ける気持ちにはなりません・・・。

A:一度採用をすると、企業の責任は重くなります。現行法ではいずれの場合も、手間と時間をかける必要があり、そうしないとトラブルの原因にもなり得ます。

「雇い止め」が行えるのは、契約社員など「期間の定めのある労働契約」に限られます。もしこの採用者が「期間の定めのある労働契約」なのであれば、契約期間終了時点で契約を更新しない、『雇い止め』とすることができます。

ただし、正社員の場合は話が別になります。試用期間中であったとしても自由に解雇していいということにはならず、試用期間中に十分な教育・改善指導を行ったかどうかがポイントになります。

まずは、本人に今の実態に対してのフィードバックを行い、きちんと改善要望をしていきましょう。

本人が改善を約束した場合は、改善されればよし、されなければ再度教育・改善指導を行います。いずれの努力も報われなかった場合は、1ヶ月前に正式に本採用はできない旨を伝え、事実上の解雇とします。

ただし、労働者に退職する意図がないことが明白になった後の企業側からの退職勧奨は「退職強要」となるので、くれぐれもご注意ください。

 

Talent Viewerの資料を希望の方はコチラ

この記事は参考になりましたか?Good2

Recommend関連記事